女子高専生のつぶやき

高専5年目の女子のつぶやきです

U23サミットに参加してきました

u23summit.com

 

はい!u23サミット参加体験談です

G1カレッジ(https://g1summit.com/g1college/)の後継らしいです(G1カレッジを知らなかった者ですが)

 

もともとこのイベントには興味あったのですが、東京だから遠いしお金かかるしで行こうか悩んでいました。

しかしなぜ参加したのか。

尊敬してる先輩におすすめをされたからです。その先輩がインスタのストーリーにこのホームページを上げてて、dmを送ったのが発端です。

とりあえず応募してみようと、応募資料もその先輩のフィードバックを頂きました。そのおかげで選考を通ったといっても過言ではありません。

700越えの応募があったらしく(これ知ったときはビビったwww)、それから選ばれた150人弱と予想以上の倍率でした笑笑

 

イベント直前に参加者一覧が公開され思ったのは、「え、みんなぐうつよじゃん。自分なにしてきた、何できるんだろう」と。

なにか爪痕を残したい、彼らと違う強みはなんだろう。真剣に1日くらい()悩みました。

それでこれに行きつきました。

f:id:pokemomo27:20191228171250p:plain

東京10年北海道10年を過ごした自分にわかること。(スライド見たい人いたら共有します笑)

あとは高専の話をしようと思ってました。

(でも!高専のことをサミット参加者はほとんど知ってて、高専知ってる人は知ってるのかあって気持ちになりました。高専を知らない人に高専を広めたいですねぇ。)

 

プロフィールをみてて思ったように、実際会ってもみんなつよつよでした。でも誰もバカにしたり、さげすむことなく、お互いがお互いのやっていることを尊重しあう雰囲気でした。u23は、自分がやりたいと思っていることを、いい意味で気を遣わずに思ったまま言える場所でした。それをいいねといってくれたり、一緒にやりたいとも言ってくれたり、そしてアドバイスなどをいただけました。

u23は居心地が良かった。でもそれと同時に動かなきゃ自分と思わせてくれる場でした。なにか社会貢献したい、そう強く思わせてくれました。同年代の彼ら負けてはいられないと。

理系の自分とは普段交流のない、他分野の人や社会人とたくさん触れられて本当に良かったです。知見も広がるし、他分野理解も深まり、なにしろ他分野と協力できるきっかけがu23で出来ました。

例えば、幼児教育、医療の人と一緒にやりたいけどそれに詳しい人が周りにいなかった。でもu23に行っただけで知り合えたんです、自分から探すだけだったら出会えなかった人たちと。

もうほんとにこれが一番得られてよかったですね。snsが発達した今、そんな彼らとも気軽に連絡が取れるし、何なら地元が一緒の方と地元で会えたり。

 

講義やワークショップ、どれも有意義なものでした。講義はめちゃくちゃ面白いし、ワークショップも他の参加者と議論出来たり。

議論をすることで、自分とは違う環境の人がどのように感じ、考えるのかがわかるのでとても興味深いですね。

 

最後に自分語りですが、このu23サミットを通して気づいたこと。自分自身をこれまで見てなかった視点で見つめなおしました。

それで気づいた自分が持っているもの。

東京と北海道の教育の環境の違い、親の離婚を経験した子供の目線。これらをフル活用していきたいと思います。

家庭環境が複雑な子供たちのコミュニティ作りを目指して動いていきます。

 

f:id:pokemomo27:20191229083118j:plain

最後に、u23を通して関わって関わってくださったみなさんありがとうございました。

今後もお世話になります!!

 

 

 

 

 

 

 

振り返り的な??

※この記事は苫小牧高専アドベントカレンダー20199日目の記事です。

ごめんなさいいい、10日の授業中にこれ思い出しました。 なのでエントリーの日がずれてます、すいません。

 

 12月の初めに小学生の時から愛用してた耳当てがついにちゃけてしまったA5のmomo मौमौです。(ちなみにमौमौヒンディー語です)

 

寮の後輩のことみん(@Kotomi1338)がこのアドベントカレンダー作ってたので、意を決して参加してみました。そこまで壮大でもない笑

 

何か面白いこととかあるかなって思ったんですけど、なにか作ったとかしてないんで5年生の振り返りしてみます(まだ卒業してない、思ったより卒研ってぬるぬるなん、というかむしろ自分がしっかり取り組んでないから

 

超自己満の自分語りしていきます。

 

なんか5年になりました。うちのクラスいろいろあるんで委員長になりました。飛躍がすごい笑

夏休みまでは病み期の編入試験でしたね。もう一生やりたくない。死にそうだったまじで。編入試験がどれだけ病むか気になったら私のその期間のフェイスブックの投稿みたらわかります。

その間で一番うちの学校にキレたのは編入試験受ける学生への支援が無いのは置いといて)、受け入れる体制もないのに留学生のインターンを受け入れたことですね。一生恨むよ、決めた人は来年の改善を明確に示してほしい。なんでも初めてなことは関係のある人に説明をするべきだと身をもって感じました。ありがとうございます、ほんとに笑

 

無事編入試験は全て終わり電通大に進学することが決まりました。東工大受けてから結果出るまでの間にウガンダ行ってました。(合否を帰りの機内で見て泣きました、友達がそばに居ないのは悲しかった)ウガンダ面白かったんでぜひ行ってみてください笑

pokemomo27.hatenablog.com

 

アフリカから帰って来てから現在進行形で怒涛の日々ですね。なんか編入試験期間より忙しいというか動いてる、とても充実していますね。フッ軽極めてます。

 

最近の活動

高専マガジン(@kosenmagazine)でライターしてたり

kosen-magazine.com

zenpen(@zenpen_hennyu)のイベントを北海道に作ろうとしてたり

www.zenpen-kosen.com

 VineTS(@NPOvinets)にちょこっと関わらせてもらったり

まだまだこの団体知名度低いので拡散お願いします。

vinets.kibe.la

 Cococolor earth【ココカラーアース】(@CocoColorearth)っていう国際協力の団体と縁あって、そこのワードプレスいじらせてもらったり(PV数増えたらお給料出るかもなんでみてください!!)

cococolor-earth.com

 苫小牧にあるこども食堂木と風の香り)に顔出したり

www.facebook.com

U-23サミットに参加してきます、楽しみ

u23summit.com

あとはいろんな勉強を同時に出来ればいいんだけどなぁ。

英語とプログラミング言語の勉強がんばります。

 

 

編入通じて知ったのは、全国の高専に面白い人多い。というかうちの高専にも居た。でも情報系の人が強いイメージがある。もっとその界隈に早くから気づきたかった。

高専のイベントって探したらたくさんありました。

低学年で読んでる人いたらいろんなの探してみてください。私自身もっと早くから知ってればもっと違ったのかなと思うので。

高専5年の後期になって技術面の強さを体感して、身に着けたいと思うようになりました。

技術あってなんぼの高専生だと5年生で気づきました(遅い)ってならないように。笑

原 貫太 ウガンダスタディツアー第1回 体験記

f:id:pokemomo27:20191027100200j:image

 

2019, 9/1〜10まで原貫太さん(@kantahara)によるウガンダスタディツアーに参加してきました。

 

f:id:pokemomo27:20191027095254j:image

 

アフリカは初めてで、自分の中の印象は発展してないんだろうなというものでした。

f:id:pokemomo27:20191027095540j:image

f:id:pokemomo27:20191027095646j:image

でも写真にもある通り、一部の幹線道路はコンクリートで電線もあらゆるところにあり、ネット環境もありました。線路もあり、公共交通網が出来てるんだなと思いました。しかしこの電車、朝と夜しか走らないらしいです。地方から都心へ働く人用だそうです。

 

f:id:pokemomo27:20191027095927j:image

ちなみに基地局などは山の上に立っているのものが多く、それだけで事足りるようでした。恐らく高い建物などが無いので電波が阻害されないのかなと思いました。

 

f:id:pokemomo27:20191027100107j:image

なので、はじめウガンダについて感じたのは「全然発展してるじゃん」と。電気もあるし(都市部は停電してもすぐ治る)、都市のホテルはお湯出たし、私が行った先々ではネットは問題なく使えたこと。正直驚きでした。日本と変わらない暮らし出来るじゃんと思いました。

 

f:id:pokemomo27:20191027100237j:image

個人的につぼだったのは田舎でのこのbathroom。下にトイレがあって(田舎の方は和式っぽいやつだった)、上にシャワーヘッドがあります。ちなみに水しかでません。水しか出ないって聞いたとき、お湯すらないのかとか正直思いました。しかし、原さんにその話を聞いたとき、現地の人はそもそも水浴びだったからお湯で体を洗う文化がないと話していました。その言葉にハッとしました。自分の感覚が全てではないと。水で入る文化だから、そもそもお湯が必要とされていない。良かれと思って他人が相手の事情を知らず、理解せず押し付けるのと同じだなと気づきました。実際ウガンダは夜でも寒くないので大丈夫でした。

 

f:id:pokemomo27:20191027101254j:image

それからツアーのなかで、ウガンダの地域差("南西部"なのでかなり街並みが綺麗、なぜなら現大統領の地元) や、政治の腐敗や警察などの賄賂要求、汚職などを教えてもらい、実際に交通警察から賄賂の要求(道路で検閲がありいちゃもんをつけられ20000UGXおよそ600円ほどを払わないと通れない)にも遭遇しました交通警察の背景には、公務員なのに給料未払いもあると知りました。

 

f:id:pokemomo27:20191027101404j:image

また印象的だったのは、道に落ちているゴミの多さです。土と混ざるようにプラゴミがそこら中に落ちていて、現地の子供たちにお菓子をあげたときにみんなが開けた袋を地面に落としていたのが衝撃でした。またその行為を誰も注意しないこと。ゴミを捨てるという感覚が無いのだと感じました。

 

f:id:pokemomo27:20191027101640j:image

f:id:pokemomo27:20191027101720j:image

それとは別に、サファリや川のクルージングにも行きました。サファリの雄大な風景に感動しました。その一方でこれらの地域は外国人客の観光地なので、ほかの地域と違い発展するしていることを感じました。

 

f:id:pokemomo27:20191027101901j:image

このツアーでは普通のウガンダ観光では知り得なかったことがたくさんあります。本当に行けてよかったです。私自身、アフリカに興味はありましたが、一人で行く勇気はありませんでした。アフリカでのインターンなどもありますが、それらも現地の空港集合で、少し敷居が高いなと思ってました。このツアーの場合、日本の空港集合解散だったので安心できました。たしかに危険な面(衛生面など特に)はありますが、自分が気を付ければ防げるものも多いと思います。道行く人、特に子供たちは手を振ってくれたりして人の暖かさを感じました。

 

f:id:pokemomo27:20191027163435j:image

このスタディツアーを通して学んだこと。

ウガンダは自分が想像してたより日本と変わらないように暮らせる、場所を選べば。正直に言うと意外でした。。アフリカのことは何も知らず、ただ漠然と発展途上だからインフラとかインターネット環境が遅れているんだろうなとそう思っていました。そんな私をいい意味で裏切ってくれた、街並みやネット環境。観光だけならそこで終わっていたかもしれません。

しかし、原さんや現地の方と濃く話す時間があった10日間。その中で、大学を出ている人でも就職が難しいということや、親が子どもに教育を受けさせる意識がない(家業をやっていたほうが良い)という現状があることを知りました。ここには書ききれないほど、ウガンダの事情を教えてもらいました。また2003年まで戦争があったことなど。自分の身近に戦争体験者が居なかったので、衝撃が強かったです。

また国際協力とは何だろうかと思うようになりました。ツアーに参加してから国際協力の界隈に入り始めたのですが、思ってたより同世代のたくさんの人が国際協力をしていると気づきました。そう感じた時、果たして自分は国際協力をする必要、理由があるのか考え始めました。実際日本にも、生きるのが大変な人、金銭的な問題で毎食、食べれない子どもたちを知っています。海外を見る前に日本を見なくていいのかと思い始めました。これから衰退していくであろう日本を放置してもいいのかと。

すぐには出ない答えだと思います。だからこそいろんな勉強やイベントに参加することでやりたいことを見つけていこうと思います。いろいろ紹介してください!

 

このツアーに行く許可をくれた親や一緒に参加した人、主催の原さんやエスプランナーさんありがとうございました。とても有意義な時間でした。

 

 

 


f:id:pokemomo27:20191027130341j:image

f:id:pokemomo27:20191027130345j:image

 スタディツアーの次回予告です。ぜひみてみてください!

 

豊橋技科大GAC 2020年度 編入体験記

豊橋技科大GACコース 一般を受験しました。

グローバル技術科学アーキテクト養成コース|豊橋技術科学大学 スーパーグローバル大学創成事業

電気・電子情報工学課程を受験し、合格を頂きました。

GACの一般受験は志望理由書、小論文を提出し、本番は面接のみです。豊橋技科大の各課程の中でも英語に力を入れるコースのようです。ただ修士までの一貫で、修士課程のときに他の人と違う授業があるらしいです。

 

以下は自分が提出した志望理由書と小論文、自分で集めた面接質問と作った対策です。

 

そして各課程の面接内容などを列挙します。提供してくれた友人に感謝です。ちなみにみな合格しています。

 

  • 機械工学課程

約20分間
日本人の機械科の先生3人

聞かれた内容は順に
1:英語でキャリアプランについて
・どのようにあなたの知識で社会に貢献できるとい思いますか?(英語)
・あなたは将来のキャリアプランはなんですか?(英語)
・どのようなことをここで学びたいか?(英語)
・どのように英語を習得したか?(英語)

以下日本語での面接

2:今後の進路について
・日本語でより具体的に、どうしてその道に進みたいのか

3:卒業研究について
・なんの研究をしているか?
・その研究で自分なりにどう工夫して行くつもりか?

4:小論文について
・テーマである“持続可能社会構築がどのような方法によって可能であるか”について私が書いたことへの質問、またそれによって生じる課題についてどう考えているか

それぞれ5分ずつみっちりと、という感じでした。
英語での質問はどれも難しそうな単語も含まれていたが、その質問の意図を優しい英語で続けて解釈をつけてくれたので質問が全くわからないということはないと思う。
今後の進路、自分の行なっている研究、事前に提出した小論文についてかなり深く聞かれました。日本語での全ての質問において具体的な説明を求められていると感じました。

全体的に準備不足であり、それと本番での緊張に相まって更にテンパり…という悪循環に陥ってしまいました。面接練習の必然さを見にしみて体感しました。また面接場所は2つあり、私とは別の部屋で面接を行なった友人にどうだったか伺ったところ、アドミッションポリシーや、また同様に今後の具体的なキャリアプランを聞かれたようです。

 

15分程度

石川 靖彦先生
石田 誠先生
関口 寛人先生
3人とも電気の先生


・志望動機は?
高専での海外経験や留学生との交流などはあるか?
・将来やりたいことの具体的な内容

・電気回路、電子回路、電磁気、化学、情報の中から2つ選んでホワイトボードなどを使って回答
電気回路→コイルを通ると電流が遅れる理由
電磁気→ガウスの法則の説明

・what do you think that you can contribute with your knowledge in your future
みたいな感じ (あなたが将来どんなことで社会に貢献できるか っていうニュアンス)

石川先生から、はじめは日本語で志望動機や留学経験など、あまり深く掘り下げられた印象はないです。ここしか自分語りできる時間はありませんでした。
石田先生から、口頭試問の電磁気の分野。誘導してくれましたが、かなりテンパりました笑
関口先生から、口頭試問の電気回路の分野。ですがいろいろ誘導してくれたのは石田先生。
最後に関口先生から英語の質問をすると言われ英語で答えてくださいと言われました。

手ごたえは口頭試問はぼろぼろすぎてありません笑
英語よりも口頭試問を重視しているように感じました。これまでもクーロン力の定義について聞かれたことがあるらしいので、電気系の人は口頭試問対策をするべきだと思います。

また順番は豊橋技科大から遠い順だと言われました。試験が始まってからは待ち時間も何もしてはならないそうです。

 

  • 情報・知能工学課程

最初
真ん中な試験官から他愛もない質問(評価対象ではないと思われる)
どうやって来た?
来るの初めて?
技科大どうやって知ったか?

ここからはたぶん評価対象
アドミッションポリシー知ってるか?
覚えてたアドポリ答えた

本校のどういったところに惹かれたか?
グローバル宿舎とかバイリンガル形式の授業とか答えた

ここで口頭試問(右の試験官)

机の上に裏表印刷の問題用紙があって表は日本語、裏は英語で書かれていた
自分で問題選べるとかではなかった

簡単な確率の問題
問1
赤玉2個、青玉2個あって2個同時に取り出すときに赤玉1つ青玉1つのときの確率
問2
赤玉が3つ青玉が3つになっただけで他は問1と同じ

問3
nが無限になったときの確率はどうなるか(ここはうる覚え)

アホだったので問1から苦戦していたら試験官がヒントやそこまでは合ってるよとか言ってくれた
時間が限られていたので問3のときは直感ですぐ答えてって言われた

英語の質問(左の試験官)
前ぶりなくいきなり英語で話された
発音うまくない日本人が紙を見ながら質問(下手すぎて聞き取れないところもあった)

自己紹介してくだい

技術をどうやって世界に貢献したいか?
すごいロボットをつくって人々の役に立たせたいとか答えた

AIについてどう思うか?
人が出来ることとロボットが出来ることがあって一緒に共存していかないとねとか言った

ロボットに興味あるみたいだけど、プログラミングだけやりたいか?(このときの質問は真ん中の試験官、発音はよかった)
ロボコンのとき設計だけやってて友達がプログラミングやってるの見て自分もできるようになりたいってなって御校でプログラミングやりたいけど、ロボットの機械てきなこともしたい、とか言った


終わってからの感想
勉強してなかった確立がでて終わったと思い、苦戦しながら解いてたら試験官がヒント出してくれて問2まではなんとか解けた。でも解けて当たり前の問題だったから絶対悪印象な気がする。志望動機とか卒研のこととか聞かれなかったから萎えた。でも英語は一方的詰まることなく喋れた気がするからこれは自信ある。いかに質問に対して自己アピールできることを自然な感じで盛り込むかが大事だと思う。口頭試問を秒で終わらせればその分質問してくれたはず。面接の順番は住んでる場所が遠い人順

試験官3人
真ん中が他愛もない話担当
右が口頭試問担当
左が英語担当


部屋はこんなかんじ↓
試験官達
自分
ホワイトボード

 

  • 応用化学・生命工学課程

岩佐精二教授(有機合成)
吉田祥子講師(生命機能)
ともう1人の3人

吉田先生がメインで英語
岩佐先生もちょこちょこ英語
もう1人は何も無し

•挨拶(元気か、初めて来た?)
•将来の進路(マスター、ドクター)
•部活(将棋で県4位になったこと)
•併願 日本語
•好きな専門、やりたい研究
•大学に質問→詳しく聞いた方がいい

最初から英語でビビりましたが、ゆっくり応答すれば大丈夫です。雰囲気もかなり良く、接しやすかったです。他学科はかなり倍率が高い(建築系4.5倍)ですが、応用化学生命工学課程は倍率が低いです。また口頭試問が無かったですが、他学科よりも英語での面接が重要視されているようです。倍率は4年間確実に上がってるので、来年もその傾向が予想できます。

機械最低7
電気最低10
情報最低12
化学5
建築9
合計50

 

  • 建築・都市システム学課程

面接内容
・なに研究している?

・以前、来たことあるか?  

→「先輩に案内してもらった」に対してどんなところを見た? 先生に連絡した?先輩はどこの研究室?

豊橋GACのイメージは?

・見学や今日来てみてどういう印象持った?

オープンキャンパス来たことある?

・どんなことを勉強したい?

・行きたい研究室とかある?

・アドミッションポリシー

・今までどんな活動してきた?

・活動の中の困難をどう乗り越えた?どう影響を受けた?

・具体的な課外活動の役職・志望理由書をもとに将来どんな夢ある?

・それに向けてどう大学の勉強が影響を与えるか?
・海外経験を踏まえてマラウイの都市計画について思ったことは?

・逆にいいなと思ったこと、日本が見習えることは?

・実際どのような点がマラウイで技術の運用が難しいと感じた?

・国際協力する上で大切にしていることは?

・あなたの技術力で将来どう貢献できると思うか?(英語での質問)

・他、言いたいこと  →ポートフォリオ

 

・事前に提出する小論文はいろんな先生に見てもらって、英語もチェックしてもらったら気が楽です。日本語・英語どちらでも可で私は英語で書きました。問題文も日本語と英語で書かれていて微妙に違うことが書かれていたので両方に目を通すことをおすすめします。
・英語面接があるとはいっても、英語が得意な先生が建築・都市コースには少ないらしいのでそこまで身構えなくても大丈夫です。私はDMM英会話のフリートークで一か月くらい対策しました。結局一問しか英語の質問はなかったです。年によっては人によって英語の質問量が変わるらしいですが、私の周りにいた人に聞いた感じだと私の受けた年は変わりなかったです。
・提出したTOEICは800くらいだったと思います。
・私が受けた年の建築・都市コースは口頭試問なしでしたが、他コースは聞かれたり、募集要項に口頭試問すると書いてあったりするので多少勉強した方がいいかもしれないです。
ポートフォリオは先輩によると見てもらえないということだったので、一応くらいに持っていきました。面接の最後に何かありますか?と聞かれたのでだめもとで聞いてみたら見てもらえたので、今後は入ってすぐに聞いてもいいかもしれないです。
・受験までに時間があれば見学かオープンキャンパスに行った方がいいと思います。どれだけ豊橋について調べているか探ってくるような質問が多かったです。

 

 

同じ年に電気受けてた人のブログです。詳しく書いてあるので参考にどうぞ。

nemu-henyu.hatenablog.com

ウガンダのe-visaの取り方

ウガンダのe-visaの取り方戸惑ったのでそのとき参考にしたサイトを載せます。

 

代行して取ってくれるのもあるみたいですが、手数料余計にかかるので、英語も難しくないので自分で取れると思います。

 

まずはじめに

ウガンダ入国査証(E-visa)偽申請ウェブサイト注意喚起 : 在ウガンダ日本国大使館

ウガンダ大使館のホームページからウガンダのe-visaのホームページに行きました。

 

1番わかりやすかった説明のブログです。とても助かりました。

ウガンダへ渡航を考えている人必見!E-visaの入力方法を徹底解説! | AFRICA-SOCCER-JOURNAL~アフリカサッカー最前線~

 

パスポートの種類で時間かかりました。(何種類もあるの知らなかった笑)

パスポートの色が何種類もある理由|日本5種類と世界各国の色-旅行情報はMayonez

私たち一般の人が持ってるのは普通のパスポートなので、 ordinary passport を選択しましょう。

 

パスポートのplace of issueで初めてみたので何かわかりませんでした。

日本の中でのパスポート発行地のことのようです。パスポートの最後のページに載ってる番号でわかります。

パスポート発行地の確認方法~パスポート交付官庁や海外発行のパスポートの見分け方 | ビザ申請.jp

 

4日程度で承認したとのメールとvisaのpdfが送られてきました。

高専から編入する大学の選び方

大学の選びは大学編入したい人誰もが悩むところだと思います。私自身も悩んでました。

 

研究室で選べとか言われますが低学年のときなんか自分が何したいか正直わからないですよね。

私も低学年のときは弱電系の音の処理とかいいなって思ってました。それが4,5年ではごりごりの強電で発電やりたいってなりました。

そもそも低学年のときなんか弱電と強電の違いすらわかってなかったですね。

 

やりたいことって何年かしたら変わったり、見つかったりするものだと思います。つまり伝えたいのは、自分が本当にやりたいことが見つかったときその時それを選択できるようにしておくことです。

たとえば電通大を始め第1志望にしていたとします。電通大TOEIC提出はありません。しかしそのあと自分のやりたいことが東北大で見つかったとします。でもそのときトイックの点数が低かったら諦めてしまうかもしれません。TOEICなどは早くから対策をすれば点数を上げれます。

 

 

ただやりたいことが見つかるのが遅かったらそうも言えない可能性があります。私が受験校を決めるまでにしたことを書きたいと思います。

 

高専に入学するときから、大学編入するつもりでした。高専からアメリカなどの大学に編入したいと考えていたのですが、アメリカの大学出身(学士留学)の両親に反対され、日本の大学を出てくれと言われたので日本の大学を考え始めました。その頃親に東工大行けたらいいねと言われていて、自分もなんとなくネームバリューあるし東工大いいなと漠然と思ってました。たしか1,2年生くらいの話です。

東工大いいなと思っていましたが、受験勉強が大変そうだなと思って電通大を第1志望にしようかなと揺らいでたときがありました。3年生のときです。なぜ電通大なのかというと、東京に父親がいるので大学は東京近辺がベストという雰囲気がありました。電通大も理系でレベルが高い大学なのでいいなと思ってました。

 

電通大東工大とで悩んでいたとき、とりあえず電通大のオーキャンに行きました。そこで素敵な先生に出会うことができ、その方のおかげで人生の方向性が決まりました。またその先生から電通大の野村先生(松江高専電通大)を紹介していただき編入の相談をさせていただきました。(電通大の類の分け方とか全然分からない、ちなみに2類の実験はプログラミングやソフトよりで3類は電気工学の実験って聞いたので3類にした)

次に東工大のオーキャンに行き、融合理工学系の大橋先生(長野高専東工大 電気電子系)にも相談に乗っていただきました。

お二人ともとても優しい方で親身になって相談に乗っていただきました。ググれば大学のサイトなどにメアドが載ってるので、気になる先生がいたら連絡してみましょう。

 

本当に受ける大学と学科が決まったのは4年生ころだったはずです。自分が納得のいく進学先を見つけてください。

 

編入試験の勉強内容

 

編入試験の勉強で使った参考書などを書いていきたいと思います。スタプラの記録を元に書いてます。

改めて私の受験校は、豊橋技科大GACコース、電通大3類、東工大融合理工学系です。

f:id:pokemomo27:20190823105736j:image

こんだけ買ったけどしっかり使ったの2/3くらい?参考書として使ってたのもありますね、化学とかとくに。

 

  • 基本スペック

北海道の地方高専の電気系で、クラス順位6〜8位くらいをうろうろくらいだと思います。よくいるテスト前だけ勉強して、普段の授業は自分の取りたい資格試験の勉強やほかの内職、スマホなどいじる高専生でした。

英語だけアドバンテージあって、2年の冬に英検準1と3年の5月でトイックは805でした。私に英語の勉強の仕方とか聞いてくれる人いるんですけど、幼少期から英語を話してたのでこれといっていいアドバイスは出来ません笑

 

  • 数学

f:id:pokemomo27:20190823104838j:image

数学苦手だと感じてたんで基礎からやろうと思って、入門って書いてあるやつ2冊やったんですけど正直やらなくても良かったなって感じです。それよりマセマとかの方がやりやすいかもしれません。それか最初から徹底研究に突撃して何周かした方が早いかもとも思いました。大学1.2年生のためのってやつもどっちでもいい感じ。

数学は何回もこなして、いろんな問題に取り組むのがいいなって思いました。あと低学年に微妙なところがあってそれ放置してたら、それの回収から入らなきゃいけないので低学年のときの数学はしっかり理解しておきましょう。

私は過去問特訓全然やってなくて、A問題だけ笑 それから東工大の数学の過去問やってたんですけど、東工大の数学は傾向だいたい似てるんで過去問で固めてから余力があったらほかの問題集やるのもありだと思います。

 

  • 物理

f:id:pokemomo27:20190823104840j:image

物理のエッセンスいいとかよく見てたんですけど私はそんなに好きじゃなかったです笑

それより1番最初は新・物理入門を強くお勧めします。これは一個上の東工大行った先輩に教えてもらって、公式の導出とかが丁寧で大学入試向けですが全然使えます。

大学1.2年生のためのすぐわかる物理(赤い方)も個人的にはあんまりやらなくても良かったなって感じです。演習物理(青いやつ)の方は解答が丁寧なので最初の演習本として良かったです。

黄色のシリーズはしっかり何周かして固めましょう。電通大は難化しましたが(おそらく今後も倍率が去年や今年のようになることが予想されるので問題は難しいままだと思います。受験者層は東大や東工大、他旧帝大の受験者の滑り止めの感じでしょう。)黄色で十分対策出来ます。自分が電通大の直前で黄色一周すら終わってないカスっぷりを発揮して、メンタル死にそうになりながら過去問解いてました。こうならないように注意してください笑

あと東工大の物理のレベルは電通大とは桁違いです。問題量と問題の深さが違います。東工大の物理は(自分自身点数とれてない気がするのでなんともですが)、早めから過去問を解いて(私はわけわからないので答え見ながらやってました)、機械系の人たちが力学や熱力学に強いので彼らにたくさん聞きましょう(私もスタプラの某機械系の友達にめちゃくちゃ聞いてました)。

 

  • 化学

f:id:pokemomo27:20190823104843j:image

最初に化学の新標準演習やってたんですが、知識ゼロから問題多すぎて進まなかったのでやらなくてもいいかなって思いました。それより受験Doシリーズの理論からはじめて、そのあと無機、有機に移るのがいいかと思います。有機は1周かるくやって内容の雰囲気を掴む程度でもいいかもしれません。東工大有機は大学範囲なので、高校有機やってない人も多いみたいです。確かに最初からマクマリー読み始めてもいいと思いますが、わかんないところたくさんあると思うので化学系の友達にたくさん聞きましょう。結局ネットよりわかってる人に直接教えてもらうのが理解するのに1番早いと実感しました。自分の学校でもスタプラでもいいですが、頭のいい(なおかつ返信早そうな人)を見つけておきましょう(私が東工大直前に学校の化学系で頭良くて即レスしてくれる人がいたのでとてもお世話になりました) 。

東工大の教材の理工系学生のための基礎化学 有機化学はとても良かったです。試験でよく出るSN2,SN1やフリーデルクラフツなど反応がコンパクトにいろいろ載ってます。(マクマリーやってなくて)これだけでだいぶ過去問の意味がわかるようになりました。ただ解答が無いので化学系の人に見てもらいましょう。それか言ってくれれば私の見せれます。この本は大学の生協かメルカリかでポチりましょう。ただ大学の生協でどの時期買えるかわからない(生協ではそれぞれのクオーターの前でしか買えない。いつ売ってるのか確認出来たらしておきます)です。東工大の先輩とかに頼んで買ってもらいましょう笑

最初の方に大学1.2年生のための有機化学を読んだんですけど、わけわかめで途中で辞めました。上記の東工大有機化学をやってからか、やりつつこの本を読んだらいいなと思いました。これは完璧読むタイミング間違えました笑

原点からの化学は読み物でした。これもどっちでもって感じです、むしろやらなくていいかもしれません。これは大学受験用の参考書だったので東工大に出るような問題とはまた種類が違うかなって思いました。

あと化学系の友達が有機化学演習やったら東工大の問題解けるようになるって言ってました(スタプラに載ってるけど、時間なかったので全然やってません)。

.

以下に理工系学生のための基礎化学(第3版)の解答を載せます。参考程度に使ってください。

  • 英語

f:id:pokemomo27:20190823104833j:image

隙間時間(外出の準備など)のときにall ears English きいてました。あとは豊橋技科大GACの直前とかもずっときいてました、GACは英語面接だったので頭を英語に慣らしておくのに。このポッドキャストはとてもおすすめです。話すスピードが一般的なアメリカ英語の速さで、発音も聞き取りやすいです。

単語帳などもやってましたが、東工大の英語が難しすぎて(もしかしたらH31だけかもしれない)普通の大学入試用の単語帳(速読英単語など)じゃ足りないだろと思って英検準1などのも眺めてました。ただ今年は例年通りの難易度だったのでそこまでじゃなくても、基本的な単語をしっかり押さえておいた方がいいと思います。

また空き時間や勉強に飽きたときにえいぽんたんやってました。自分のレベルに合わせてくれて、ゲーム要素があるのでとても楽しいです。私は英検やトイック前に毎回入れてます(そろそろ継続的にやりたい笑)。

TEDもダウンロードして歩きながらきいたりしてました。

うちの学校の英語の先生に、試験に出る英単語おすすめされてけっこう面白かったです(結局1周もしてない、すいません、、)。

あと大学の英語の先生に語源で増やすサイエンス英単語をおすすめされて眺めました(全部とは言えない)。こちらも語源でやるので、わからない単語を見たときに類推できるようになると思います。理工系の方におすすめです。

英文法のエッセンスは親が持っていた本でなんとなく読んだのですが、文法があやふやな私にとってとても良かったです。

 

  • トイック

f:id:pokemomo27:20190823104850j:image

3年生の5月に初めてトイックで805で(そのときはたしか公式問題集だけ2週間くらいやったはず)、それから4年の10月に受けたので1年くらい空いてました。その間トイックなど英語の勉強はとくにしていません。マレーシアに短期でサイエンスキャンプ行ったくらい。

試験日の1ヶ月前くらいから黒の文法出る1000問、これはまじでおすすめです。文法弱い方とくに。この本を全部ではないですが7割くらいやりました。問題みただけで答えわかるようになるやん!ってめっちゃ感動した記憶があります(今はもうあるとは言えない)。あと英単語のアプリをひたすらやってました。

試験前はこの2つしかやってなくて(パート5だけめっちゃ対策した感)、前日に1回分のリスニングしました。私はトイックのリスニングは倍速にはしてません。(英検は倍速にすることをおすすめします。本番で余裕持ちながらリスニングを出来るので。)トイックの方はシンプルに長いから倍速にしてききたいとも思わなかったです笑

このくらい本のおかげでリーディングは360→380にあがりました。リスニングはなぜか490でした。これは自分に合う問題だったとしか言いようがないです(トイック数打ちゃあたる、、)。

あとは自分がわからなかった単語をひたすら単語帳に入れてみてました。

 

  • その他

f:id:pokemomo27:20190823104846j:image

東工大の英語でわからなかった問題をquisletに入れたり、豊橋GACの小論文対策で読んだ本などここに入れてました。

あとは疲れたときに伊沢さんなどの本を読んだ時もありました。

 

  • 最後に

勉強内容はこんな感じでしょうか。

f:id:pokemomo27:20190825131830j:image

なんか勉強し始めたのが3年の冬休み。

f:id:pokemomo27:20190825131617j:imagef:id:pokemomo27:20190825131621j:image

4年の春休みからこんな感じ。

f:id:pokemomo27:20190825131625j:image

他の東工大旧帝大受ける人に比べて圧倒的に少ないのでこうならないように早めから頑張って勉強してください。試験直前にやばいなって感じてめっちゃ病みました。かなりしんどかったんで早めからしっかり勉強頑張ってください。応援してます。

 

受験は周りの使える人どれだけ使うかって感じです(自分だけか笑)。とにかく行きたい大学に受かった先輩と仲良くなりましょう。そして出来れば早めに過去問の答えをもらいましょう。この間解答を貰った先輩と話してて、「言ってくれれば4月とかでも全然渡したのに」って言ってくれたんで、早めに過去問と回答を先輩にねだりましょう。申し訳ないなと思って私はぎりぎりに頼みましたが、解答あることにこしたことはないです。そして早くから過去問をやることが大事だと思います。あらかた基礎を固めてから過去問といたら足りないところとかわかるのでいいと思います。